VISION

文化庁の「宗教統計調査」によれば、仏教系の宗教法人は、全国に約77,000ありますが、これは コンビニエンスストア(約57,000)や公民館(約14,000)の数よりはるかに多いのです。
もともと寺院は、布教の場だけではなく、地域における福祉や文化、教育の拠点の役割を担っていました。
江戸時代には、宗旨人別帳によって、すべての人が寺院に所属していましたが、こうした檀家と寺院の関係は、慣習として葬儀や法事の場面では今なお存続しています。

しかし昨今では、核家族化やイエ意識の希薄化、少子化、人口の地域間流動の激化などの社会環境の変化によって、お寺を取り巻く環境は大きく変化し、生活者の「寺離れ」はすすんでいると思われます。
こうした寺離れの実態を見るに「生き残り」というと語弊があるかも知れませんが、今こそ地域に寄り添うような活動を活発化させる必要に迫られています。

神社・仏閣ふれあいセンターでは、全国の寺院がその取り組みを導入できるように、クラウドファンディングを通して支援者を募り、実現に向けて邁進致します。
現在、この取り組みに賛同いただける方を以下のバナーより募っております。賛同された方には、群馬県沼田市の「天桂寺」より【御守護札】を献納させていただきます。皆さまのお力をいただきつつ、地域に貢献できる神社・仏閣を着実に増やして行く所存です。
お寺セイフティーネット クラウドファンディング バナー

神社で炊き出し

First MESSAGE

「檀家(だんか)」とは、特定の寺院に所属して、お布施や会費などを通して主に経済的に寺院を支援している家庭のこと。 古代インド語で寺や僧を援助する者という意味の「ダーナパティ」が檀家の語源です。 昔はお寺と付き合いのある家が多く、お墓は先祖代々が受け継いできたものに入るというのが一般的でした。 自分たちの先祖を供養してくれるお寺を菩提寺、そして菩提寺が供養する家のことを檀家と呼びました。 現在では、核家族化が進んだことや宗教観の変化に伴い、特に都会では檀家制度は薄れつつあります。

座り地蔵

Second MESSAGE

宗教界は戦後の高度経済成長期とともに、葬儀・法事により収入が増加したと思われます。 しかし、長い仏教の歴史の中で、葬儀・法事が主だったのは、昭和の後期から平成の初めまでという見方ができます。
供養文化の先細りが懸念される中、神社・仏閣の立ち位置は、今が岐路と言えるでしょう。

天桂寺バナー

Soup kitchen Video

PROFILE